フクラギ

「福が来る魚」として人気の出世魚。
さまざまな調理法で楽しめる味は、食欲の秋にぴったり

フクラギ 富山県では最もポピュラーな魚のひとつとして知られるフクラギですが、県外だとあまりなじみのない呼び方かもしれません。フクラギとは、生後 7~8 か月の当歳魚で体長 30~40cm、体重 500g~1.0kg のブリの幼魚のこと。ブリは出世魚として知られていますが、地方により呼び方が異なり、富山では「コヅクラ」「フクラギ」「ガンド」「ブリ」の順に成長します。「フクラギ」は関東圏では「イナダ」「ワラサ」、関西圏では「ツバス」「ハマチ」と呼ばれています。「フクラギ」という名前は大漁で港がにぎわい「福が来る魚」と呼ばれたことが由来とされており、漢字では「福来魚」と書きます。出世魚であることに加え、この漢字の縁起の良さ、さらに値段も手ごろであることから、富山県民にとても親しまれています。
 フクラギはブリのシーズンより一足早い10~11月に盛漁期を迎えます。脂のバランスがよくさっぱりとして癖のない味わいは、刺身はもちろん塩焼き、生姜煮の他、開き干し、しょう油・味噌等の漬魚にしても美味。秋が深まり食欲が一層刺激されるころ、新米のおかずに、お酒のお供に。食べ物にうるさい富山県民の舌と心をつかんで離さない、自慢の魚です。
富山県の家庭では昔から一本物の片身を刺身、もう片身は焼き物、残りは味噌汁にと丸ごと利用してきました。

県内のすべての漁港で漁獲されるポピュラーな魚。
鮮度維持の秘訣は、すばやい「沖じめ」

 水揚げ漁港は、県内にあるほぼすべての漁港で漁獲されています。
 フクラギは富山湾の沿岸漁業を代表する定置網漁で漁獲されています。定置網漁は富山県の漁獲量の約8割を占める主要な漁法です。
 定置網漁は魚体を傷つけにくく、また、船上ですぐに「沖じめ」することで、鮮度を維持しています。さらに、本県の定置網は漁場から漁港までが近く、水揚げされてからセリにかけられるまでの時間が短いため、品質・鮮度ともに高い評価を得ています。

ブリ(富山湾の王者)
つばいそと茄子の煮物 フクラギのさばき方 フクラギの漬け丼